限界集落★金蔵

平均年齢60手前の困った村ですがやる気に満ちています。主なライターは輪島のアンジェラアキです。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


何度目の緊急事態?!

11月11日(日)19時24分
11月2日早朝、新聞屋さんがやってきた。
「こんにちはー、こんにちはー」と連発
心の中で「おはよう」でしょと思って寝たふりを。

去った後に玄関に行ってみると一枚の置手紙が。
「はざ倒れてます」

悪天候続きで、稲をハザから降ろせず、
落ち着かぬ日々が続いていた矢先のことでした。

すぐさま出陣!
地元の人の家に行って指示を仰ぎます。

ビニールハウスにハザを組んで干すことに。
これで、天候も気にせず乾かすことができます。

現場に行ってみると・・

DSCN4000.jpg

夜中の突風で、アルミ製の三脚が折れたのです。
乾きかけていた稲は、ずぶ濡れに・・早く救済してあげるからね。

ハザから丁寧に稲を外して10束をひとまとめにして紐で縛っていきます。

DSCN4001.jpg

最後に落穂拾いをして、2人で2時間程で終了。

同時にビニールハウスではハザの組み立てが進行。

その後の作業は地元の人に任せて、私は白状にも仕事で金沢へゴー!

帰ってみると、一部の稲はビニールハウスには納まらなかったようで、
我が家の納屋の横にかけられてました。

DSCN4002.jpg

それが、また倒れていたんだな・・翌朝、救済しました。

散々な目にあっている稲たちでした。
この苦労が味にどう反映するのか・・

今回の教訓・・
金蔵では稲は10月28日までにハザからおろそう!

昔は10月28日に刈上げ・干し場祭りをやっていたそうです。
これは、10月28日以降は天気が荒れるということで、
その前に稲をハザから降ろし終えていたそうです。

各家でおはぎを作って食べるだけのお祭りですが、
ハザから稲を降ろして、ひと安心といったところでしょうか。
この気持ち、よく解ります・・


関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kanakuranoto.blog98.fc2.com/tb.php/201-9ff1c263

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

能登金蔵村

Author:能登金蔵村
twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気BOX










    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。